Foufou

ふらんす 7月号

先週から 京都国立近代美術館にて 没後50年 藤田嗣治展 始まりましたね 没後50年 藤田嗣治展 会期:2018年10月19日(金)~ 12月16日(日)開館時間:午前9時30分~午後5時ただし金曜日、土曜日は午後8時まで開館 *入館は閉館の30分前まで 例によってまだ行…

夏の迎賓館

先週末、迎賓館 赤坂離宮で催されている「没後50年 藤田嗣治天井画展」に行ってきました。 【開催期間 平成30年8月2日(木)〜同年8月28日(火)水曜休館 ※要予約】 京都から夜行バスに乗り約8時間、早朝の東京駅に到着してまずは朝ごはんを…ということで、…

Champagne G.H.Mumm

さて 平和の聖母礼拝堂、通称・フジタ礼拝堂は通りの向かいにあるG.H.Mumm社の社長(1964年当時)が、敷地内の庭園に礼拝堂を造営することを決め、造られたと知ったので、折角だしセラー見学にも行ってみようかしら… と向かいにあるG.H.Mummのメゾンを訪れて…

La chapelle Foujita

Reims ドイツ語学科出身としては「ライム(ス)」としか読めないし、ましてやRammsteinのファンですよ…なんかスペル違うんじゃない?Rammでしょ?とか わけわかんないことを思ってしまいがちで、フランス語の授業でもいっつも間違えてたんですけど、もう大丈…

Musée Maillol

折角なので観光地らしいところへ行っておこうと思い、ノートルダム駅で下車しました。 …と思ったら人がめっちゃ並んでる!え!?清水寺並じゃない!?しかもここ見たことある!!ノートルダムってここだったんだ…17歳のわたし何してたの…と思いながら横を歩…

Maison Atelier Foujita

14時になったので再びやって来ました! 門扉を開けると… こちらは一階のみ内部がミュージアムに改装されています。時おり書道や音楽のイベントも催されているとか そしてこちらがアトリエ。道路側から見ると二階建てですが、塀の向こうに高低差があり三階建…

Villiers-Le-Bâcle Ⅱ

町の中を少し歩いていると、散歩帰り?のおじいちゃんと遭遇。 片言のフランス語で「ボンジュール!すみません、フジタのアトリエを探してるんですがご存知ないですか」と聞くと「この道をまっすぐ行って左に曲がって右行って左」と言うようなことを説明して…

Villiers-Le-Bâcle Ⅰ

7月14日 革命記念日にはパリ市内でパレードが行われますが、朝からバスと電車を乗り継ぎフジタが晩年を過ごしたアトリエ « Maison atelier Foujita » を目指して、郊外の街へ行きました。 市内の駅からRER-B線を使い Massy-Palaiseau まで出ます。B線はCDG空…

Où suis-je ?

ここはどこ?車に乗っていると見えない景色。立体に交差した道路は20世紀に描いた未来という感じがして好きです。平日昼間の難波には数年ぶりに来ました。 目的地はホテルモントレ グラスミア 大阪 22階・山王美術館で開催中の春・夏季コレクション展 2018 …

Léonard Foujita et ses modèles

朝風呂のあと、朝食(広間でバイキング形式)をとったら、バスに乗りいざ秋田市内へ。さよなら、秋田温泉さとみ・・・ありがとう・・・ ところで温泉は無色透明のとろんとしたお湯で、肌がすべすべになり、とても気持ちよかったです。露天風呂もありました。…